We use cookies to operate this website and to improve its usability. Please note that by using this site you are consenting to the use of cookies. For more information, please read our Privacy Policy / Cookies page.
ERP の価値拡張
 

ERP への投資を拡張: ビジネスシステムと製造システムを統合

ERP (Enterprise Resource Planning) システムは、企業の財務計画およびオペレーション管理に必要不可欠です。しかしながら、従来の ERP では製造現場レベルに必要なディテールや応答性の管理までは想定されていませんでした。製造実行システム (MES) は、ERP を補完して、受入・製造・組立・品質管理・従業員管理・サプライチェーンの物流における数多くの詳細なオペレーションを管理するために理想的なアプリケーションスイートです。

Apriso ソリューションは、ERP と製造現場のギャップを埋める MES の機能を提供します。サービス指向アーキテクチャー (SOA) で構築されており、ERP と、グローバルに展開されている製造現場のオペレーションを、リアルタイムで連携します。Apriso は、主要 ERP システムと製造現場を効率的に連携するインターフェースを事前定義で提供し、ミッションクリティカルな年中無休 (24×7) のオペレーションをサポートします。また、継続的なプロセス改善のため、リアルタイムの分析情報を提供します。

Apriso の最大の特徴は、工場レベルのオペレーションの詳細を可視化・標準化しオートメーションシステムと連動させて、顧客ニーズの変化と生産とを同期化する点にあります。

Apriso は ERP の価値を以下のように拡張します。

  • ERP システムや WAN ネットワークのメンテナンスまたはダウン時も含め、年中無休 (24×7) で ERP システムのフロントエンド・システムを構築し、オペレーションの継続をサポート
  • Apriso ビジネスインテグレーター が提供する事前設定されたインテグレーション・ポイントにより、SAP、Oracle、interBiz PRMS™、SSA BPCS™ などの主要 ERP システムと迅速に連携
  • ERP システムが発行するオーダー明細書をインポートしてドキュメント生成、ラベリング、データ検証を実施
  • ERP システムに対し、トランザクションのエクスポートおよびアップロードを行って監査要件およびレポート要件に必要な記録を随時または定期的に生成
  • 書類とスプレッドシートで運用されていた作業指示書を、電子作業指示書に置き換えてペーパーレスを実現。それにより、製造現場のシステムと ERP システムの連携を可能とし、事務作業の削減、ミスの排除、オペレーションの迅速化を実現
  • ERP と製造オペレーションのギャップの原因にもなりうる ERP ソフトウェア向けカスタマイズの必要性を排除。すべての製造工場で ERP 連携の設定を標準化することで、工場ごとに複数の設定をサポートする際の問題や煩雑さを解消し、IT のメンテナンス、トレーニング、サポートの必要性を抑制
  • リアルタイムの例外処理をサポートして、工場や製品サプライオペレーションにおいて日々発生する問題への迅速な対応を実現
  • ERP システムを製造オペレーションから隔離・遮断して、工場でのトランザクション量の増大や付加価値の低いオペレーションによる ERP システムへのインパクトを排除