We use cookies to operate this website and to improve its usability. Please note that by using this site you are consenting to the use of cookies. For more information, please read our Privacy Policy / Cookies page.
製造企業の倉庫管理
 

倉庫と製造のプロセスを同期し、ジャストインタイム(JIT)、ジャストインシーケンス(JIS)の材料フローを実現する共通フレームワークを構築

製造エクセレンスを実現するにあたって、倉庫管理の重要度は増す一方です。倉庫の材料フローと、製造管理や品質管理、コンプライアンスなどのプロセスを同期化できるかどうかが、製造業の命運を左右します。材料を同期化すれば、大幅な効率化とコスト削減につながるばかりでなく、アダプティブ製造や、リーン生産、ジャストタイム生産、ジャストインタイム在庫管理など、製造業で一歩先をいくための重要なポイントにも対応できます。

Apriso 倉庫管理は、統合アプローチに基づいて倉庫管理を行うアプリケーションであり、Apriso のなかでも特に重要なコンポーネントです。通常の倉庫管理システム (WMS : Warehouse Management System) では、各倉庫を個別に管理したり、流通センター内でのスループット向上を目指すのが一般的ですが、Apriso アプリケーションは製造業で使用されることを前提としており、製造プロセスに含まれる様々なオペレーションを同期化するのが特徴です。それにより、リアルタイムの可視化・管理を実現し、コストと在庫の削減、サービス向上、スムーズな連携や、品質基準やコンプライアンスへの適合といった課題に対処します。

Apriso は、製造プロセスや倉庫、その他のプロセスの間で材料フローを同期化し、製造エクセレンスの向上に貢献します。その特徴は以下のとおりです。

  • ジャストインタイム製造、ジャストインシーケンス、かんばん方式などのテクニックを採用して、原材料、製造中の製品、完成品を同期化
  • 遊休在庫や仕掛品 (WIP) を削減し、製品出荷までのサイクル時間を短縮。需要主導型の製造戦略をサポート
  • 統合型の検査や、効率的サンプリング、「ドック・ツー・ドック (埠頭から埠頭まで)」の高度なトレーサビリティ、製品の体系情報管理などの機能を搭載。これらにより、グローバルなコンプライアンス対応を実現すると同時に、品質を向上
  • 顧客サービスレベルを向上・維持
  • 社内プロセスから在庫、材料フローに至るまで、互いの相互関係を考慮に入れた徹底的な可視化・管理を実現