We use cookies to operate this website and to improve its usability. Please note that by using this site you are consenting to the use of cookies. For more information, please read our Privacy Policy / Cookies page.
物流実行システム (LES)
 

製造およびサプライチェーン・オペレーションのすべてのプロセスとマテリアルフローを同期化することで、可視化・管理向上

グローバルに展開されるサプライチェーンを通じて物流が行われる現在、製造計画の実行や材料フローの管理は困難を極めます。これらを効率良く行い、在庫精度の向上、遊休在庫の削減、サプライチェーンの同期といった課題をクリアすることは、製造エクセレンスを達成するために不可欠です。

Apriso リーンマテリアルフローは、エンタープライズ全体の物流を管理する総合的な物流実行システムです。製造プロセスばかりでなく、倉庫やサプライチェーンで発生するあらゆるプロセスや材料フローを可視化・管理できるのが特徴です。さらに、スケジュールや品質、設備の稼働率に悪影響を及ぼす物流上の問題を特定・管理できるなど、物流の完全な管理が可能です。

Apriso の採用により、製造企業内の様々な部門が密接に連携して機能することができます。たとえば、技術部門と製造部門が製造データフローを共有し、互いのフィードバックのやりとりをおこなったり、サプライヤーがそのポータルを通じて正確な需要や最新の品質情報を把握する、といったことが可能です。倉庫管理と製造プロセス、工場やサプライチェーンを密接に統合することにより、在庫管理の向上、在庫のトレーサビリティ、在庫の管理を実現します。

Apriso の物流実行機能は、製造エクセレンスの実現に貢献します。その特長は以下のとおりです。

  • 原材料、製造途中の製品、完成品を互いに同期する方式として、ジャストインタイム (JIT)、ジャストインシーケンス (JIS)、かんばん方式などのテクニックを採用
  • データの同期・連携フローにより、複数の工場に分散された実行プロセスの厳密な管理を実現、情報を一元化した「唯一の真実」 (single version of the truth) を提供
  • あらゆるオペレーション、ロケーションのデータをリアルタイムで自動収集。オペレーションの詳細把握を可能とし、総合パフォーマンスを向上
  • 製造部門、技術部門、製品開発部門が互いのフィードバックを反映できる仕組みを実現。製造・設計の最新データに基づく製品仕様を利用することにより、新製品の市場投入までの時間の短縮など、優れた製品ライフサイクル管理を実現。同時に、プロセスを継続的に改善