We use cookies to operate this website and to improve its usability. Please note that by using this site you are consenting to the use of cookies. For more information, please read our Privacy Policy / Cookies page.
製造・ビジネスプロセス管理 (BPM)
 

製造オペレーション管理 (MOM) における、ビジネスプロセス管理 (BPM) 機能でオペレーションの機敏性を向上

ビジネスプロセス管理 (BPM: Business Process Management) は現在の製造分野において、システム、人、機器の相互運用を向上させると同時に、オペレーションの機敏性を強化するために効果的なアプローチとして、昨今の容易な操作性と導入・展開作業の効率化の向上も手伝い、かつてない程注目されています。BPM ベースのアプリケーション・アーキテクチャーは、製造業が著しく変化していく市場とサプライチェーンの状況への対応性を強化しようとする中、重要性を増しているビジネスプロセス要件の頻繁な変更を容易にサポートします。

たとえば、電気自動車業界や太陽エネルギー業界では現在、製品ライフサイクルが極端に短期化されており、頻繁に新製品がリリースされています。ビジネスプロセスをサポートし有効化するシステム・インフラストラクチャ―の継続的な変更と改善を実現するためには、IT システム・インフラストラクチャ―の大幅な柔軟性が求められます。

詳しくは、製造における BPM ニーズを推進する要因に関する、Apriso の CTOであるクリス・ウィルのインタビュー (英語) をご参照ください。

今日、リーン製造、シックスシグマ、およびその他の継続的改善イニシアティブを強化するためのアプローチとして、複数拠点におけるベストプラクティス標準化への要求が高まっています。同時に、この要件に応えるため、頻繁な変更をサポートする柔軟性の高いシステムの重要性も増しています。Apriso にはアプリケーション・アーキテクチャーの一部として、ネイティブのBPM 機能が組み込まれています。Apriso のすべてのアプリケーションで共通データモデルを共有し、プロセスをエンド・ツー・エンドベースで管理、適合、改善し、製造管理、倉庫管理、品質管理、保守管理、従業員管理のプロセスを連携することができます。

製造ソリューションにおいて BPM の効果を最大限に発揮するためには適切なコーポレート ガバナンスおよび標準化したプロセスの適応と迅速な導入・展開方法を確立することが重要です。機敏性と導入タイムフレームの短縮には、BPM適応の推進が不可欠です。さらに、プロトタイプ化による反復展開アプローチにより、複数拠点へのプロジェクトタイプに応じたプロセスの配布が迅速化されます。

製造BPM ホワイトペーパー(英語)

製造オペレーション管理(MOM)プラットフォームの導入により、製造プロセスに関する意思決定をサポートし、ビジネスインテリジェンスを実現する方法について解説しています。

ダウンロード

お問い合わせ