We use cookies to operate this website and to improve its usability. Please note that by using this site you are consenting to the use of cookies. For more information, please read our Privacy Policy / Cookies page.
業界標準に準拠
 

Apriso ソリューション: グローバルで各種業界・機関・政府標準に準拠

Aprisoソリューションは、複数の工場とソフトウェア・アプリケーションの相互運用性の確立に注力しています。そのため、Apriso 製品スイートは以下に示す各種規格・基準に準拠して構築されています。ダッソー・システムズの製品開発チームは、主要な業界ソフトウェア標準に対応し、Apriso の今後のリリースにおいても、継続してこれらの機能をサポートします。

製造実行システム (MES) または MES 標準

ISA 95:
Apriso は、製造オペレーション管理 (MOM) のグローバルソリューションとして構築されています。Apriso は、プラットフォームベースのアーキテクチャーとして、製造オペレーションの管理を、製造管理、品質管理、倉庫管理、保守管理、従業員管理と連携して管理するアプリケーションスイートです。業界標準のニーズを把握し、製造現場のオペレーションとエンタープライズ・アプリケーションが連携された際の一貫性を保持します。Apriso は、発展を続ける ISA-95 スタンダードへの準拠を強く意識して開発されています。現在、製品開発チームは ISA (International Society of Automation) のメンバーとして参加しています。Apriso は、SAP ANSI/ISA 95 Netweaver 認証を北米で最初に受けた MES アプリケーションです。(詳細を読む)

MESA:
Apriso アプリケーション・ポートフォリオは、MESA が定める MES アプリケーションの重要機能の 11種類のファンクションエリアをすべてカバーしています。この規定では、製造管理を、倉庫管理などの異なるオペレーション分野に拡張する際に必要な機能が定義されています。
各要件に対応するモジュールは以下のとおりです。

  • オペレーションおよび詳細スケジューリング: Apriso ディスパッチングボード
  • ディスパッチ: Apriso ディスパッチングボードおよびオーダーコックピット
  • リソース・アロケーションおよびステータス監視: Apriso ディスパッチングボードおよびオーダーコックピット
  • 製造トラッキングおよび製品体系管理: Apriso 製造管理
  • 従業員管理: Apriso 従業員管理
  • 保守管理: Apriso 保守管理
  • 品質管理: Apriso 品質管理
  • データ収集: Apriso マシンインテグレーター
  • プロセス生成および管理: Apriso プロセスビルダー
  • 性能モニタリング: Apriso パフォーマンス管理
  • ドキュメント管理: PLM との連携およびドキュメント管理システム

データ収集

OPC:
OPC (OLE for Process Control) は、世界の大手ハードウェアメーカーおよびソフトウェアサプライヤーのコラボレーションによって定められた業界標準です。Microsoft社の OS を採用した PC ベースのクライアント間でリアルタイムのオートメーションデータ交換を行うために定義されたスタンダードです。この組織は、OPC Foundation によって運営されています。


Apriso アプリケーション は、OPC Foundation から「コンプライアンス認証」を受けています。そのことは、Apriso が、インターオペラビリティ、コンプライアンス、パフォーマンス、ストレス、ホワイトボックス、振る舞い、環境、ユーザビリティなどの独立認証テストに合格したことを意味します。独立認証テストラボの検証に合格した製品だけが、コンプライアンス認証を受けることができます。OPC Foundation の認証ロゴは、契約に基づいてのみ使用され、正式な認証を受けていることを証します。

2008年後半に、製造オペレーション管理ベンダーとして初めてOPC コンプライアンス認証を得ました。コンプライアンス認証の獲得は、PLC、DCS、RTU、データベースなどのデータソース、ユーザーインターフェースなどのデバイスに標準化されたコネクティビティを提供し、OPC フォーマットの標準データへの変換が可能なことを実証するもので、Apriso はこの認証の獲得のためにアプリケーションとしての強化を行ってきました。Apriso は、OPC コンプライアンス認証を得た完全な統合機能を提供することで、製造現場とエンタープライズ・アプリケーションを連携させるアプリケーションとしてのポジションを獲得しました。

米国電子工業会 (EIA)、RETMA Standard で RS 232x、RS 485、EA 422 標準に対応:
マシンオートメーションおよび設備インテグレーション

  • Apriso マシンインテグレーターは、主要なマシンおよび多様なデバイスの共通基準に準拠しています。標準規定を提供することにより、独自のドライバーを開発する必要性を最小限に抑えます。

製品およびリソース特定の標準化基準
ID 番号を柔軟に生成

  • Apriso は、標準または企業ポリシーに従ってロット、シリアル、製品 ID、リソース ID を自動生成する標準機能と設定ツールを提供します。

バーコード:

  • Apriso は、37 種類以上のバーコード標準をサポートします。Code 39、code 128、PDF 417、2/5l、EAN-UPC、Odette-Galia バーコードスキャナーおよびプリンターとの接続が可能です。

RFID:

  • Apriso は TCP/IP またはシリアルリンクに対応した RFID リーダー / ライターと連携します。Apriso マシンインテグレーターで設定できます。EPC Global Tag Data Standards Version 1.3 および Tag Data Translation Version 1.0、Universal Product Code (UPC) をサポートします。

Web テクノロジー

Apriso は、1999年からマイクロソフト社 .NET を採用しており、主要な最新 Web テクノロジーを活用しています。デファクトスタンダードのテクノロジーとして Internet Explorer または Internet Explorer 準拠のブラウザに対応し、HTTP、XML、XSLT、SOAP などの標準プロトコルに対応しています。Apriso アプリケーションスイートは、サービス指向アーキテクチャー (SOA) ベースで構築されており Web サービスへの連携機能を提供します。Apriso アプリケーションは、ビジネスプロセスを Web サービスとして発行し、また、Web サービスをビジネスプロセスに取り込む、アダプティブなビジネスプロセス管理 (BPM) ファウンデーションを組み込んでいます。

ガバナンス

Aprisoのお客様は、製造および在庫の状況をレポートする際にApriso を使用します。Apriso アプリケーションは、SOX 法に準拠した財務報告要件を作成するにあたってのキーコンポーネントとなります。Apriso のセキュリティフレームと監査追跡機能は、情報のセキュリティと正当性、適切な監査証跡なに変更されていないことを保証します。

IT (情報テクノロジー) の業界標準

Apriso は、製造業のプロセス制御や製造実行でもっとも広く使用されている Microsoft .NET プラットフォーム上で開発されており、エンタープライズクラスの標準サーバー Windows Server 上で動作します。Windows Server は、Microsoft Internet Information Server を搭載し、Web サービスをサポートしています。エンドユーザーインターフェイスを表示する際は、クライアント機器上に Windows XP Professional、Windows Vista、Windows 7、Windows Mobile/CE のいずれかが必要です (www.microsoft.com を参照)。

Apriso は、統合モデル言語 (Unified Modeling Language™) で設計されています。この言語は、アプリケーション構造、振る舞い、アーキテクチャーのほか、ビジネスプロセスやデータ構造のモデル化にも対応しています。モデリング記述には、Visual Studio .NET 統合開発環境下で、C# を使用しています。Apriso のデータベースを使用するには、Microsoft SQL Server、Oracle データベースの最新バージョンが必要です。

ERP との統合

アプリソは、過去 10年にわたり SAP 社の一連のテクノロジーの認証を受けており、Apriso は SAP R/3 および mySAP Business Suite と連携します。また、SAP Netweaver Exchange Infrastructure を採用し、ALE/IDOC (ISA S95 規格およびネイティブ形式)、BAPI、RFC など、40種類以上の標準的なインターフェイスをサポートしています。

Apriso はビジネスインテグレーター エンジンを搭載しており、ERPなどの外部アプリケーションとの統合をサポートしています。また、SAP Netweaver XI、SAP MII、SAP Business Connector、Microsoft BizTalk Server、IBM Websphere、 WebMethods などの統合テクノロジーを通じて外部アプリケーションと統合することも可能です。

業界・政府の規制および標準規格

Apriso アプリケーションは、業界・政府の各種規制や標準規格に幅広く対応しています。それに加え、セキュリティアクセス、監査証跡、プロセス トレーサビリティ、製品体系管理などの機能も業界最高レベルで備えています。Apriso アプリケーションが対応している一般的な規制・規格の一部を以下に示します。

  • 製薬・ライフサイエンスの業界標準 : FDA 21 CFR Part 11、Part 210、211、600、ISO 13485
  • 自動車業界の標準 : AIAG / ISO TS2 ISO/TS 16949:2002、TREAD 法
  • 航空宇宙・防衛・軍事の業界標準 : AS-9100、Mil-Std 883 & Mil-PRF-38534
  • ISO-14002、ISO-2859、ISO-9001-2000 などの業種に依存しない規格
  • 欧州市場において、RoHS およびWEEE に準拠
  • 米国市場において、バイオテロ法 / 警告に準拠