We use cookies to operate this website and to improve its usability. Please note that by using this site you are consenting to the use of cookies. For more information, please read our Privacy Policy / Cookies page.
保守管理
 

保守管理を製造管理、品質管理と同期化し、工場作業における設備の稼働時間、製造生産性および製造エクセレンスを拡大

Maintenance 2.0

プレスリリース: BTO製造戦略を実行するBPMについてのスポンサーパネルディスカッションにに参加

ホワイトペーパー: It’s Time for Maintenance 2.0

管理力および制御力

  • 保守スケジュール、タスク、リソースおよび資産を可視化するためのリアルタイム、インタラクティブなダッシュボード
  • 資産分析の詳細化、構成部品およびサポート説明の結合
  • 作業要件に対するスキルの適合、トレーニングや可用性に関する従業員管理機能
  • チェックリストおよび安全指示
  • 設備および部材に関するシリアルナンバーのトラッキング、トレース

Apriso 保守管理は、他のApriso アプリケーションと密接に連携して作動し、製造環境内で生じる作業の中断を最小限に抑え、稼働時間を最大限にすることで、より効果的な保守を管理を実現します。保守管理オペレーションにおける画期的なリアルタイムの可視化を実現し、保守実行に関わる従業員、スペア、生産スケジュールへの影響、品質およびその他の要素において、より適切な管理を可能とします。

Apriso 保守管理は、作業中断を抑制し、設備修理の予測を向上するために、製造管理、品質管理およびその他の作業を保守オペレーションと同期化することで、設備の可用性を最大限にすることが可能です。予防保守を行うクローズドループなペーパーレスの製造プロセスを実現し、改善された品質および製造効率を設備において一貫して継続させます。

Apriso 保守管理は、製造オペレーションフローにおける保守計画やスケジュールをシームレスに統合し、ERP やPLM などの既存のビジネスシステムと同期化、既存の企業システムの価値を拡張します。

Apriso 保守管理は、設備メンテナンス・ソフトウェアのソリューションであり、以下の実現により、製造エクセレンスの維持を支援します。

  • 予防作業指示および保守予定表
  • 電子ディスパッチング、作業指示、仕様調整、設備、従業員、機器、スペアの追跡
  • 製造、品質およびその他のプロセスと保守オペレーションの同期化
  • データやプロセスの重複を排除、ERP やPLMと統合し、完全なる企業資産管理を確立
  • MROおよび設備の「メンテナンス済」履歴情報をサポートする拡張管理機能

保守作業の管理を向上 Apriso 保守管理は、計画された、または未計画の工場保守作業においても管理能力を向上させます。予防保守は、予定表、単位の実行回数、稼働時間または構成済みの特定のイベントによって計画されます。緊急に修理が必要な場合でも、Apriso 保守管理は、操作手順の電子作業指示書を適任者に直接的に提供し、部品の在庫状況を確認し、適切な拠点へ配送、必要に応じて適切な生産スケジュールと連携させることが可能です。たとえば、ある機械が故障のため早急に保守調査が必要な場合、製造要求を即時に変更することができ、問題発生の拠点またはそれ以外の拠点においても、残りの設備を最良な方法で活用します。Apriso が改定されたスケジュールをオペレーターやスーパーバイザーに配布し、生産スケジュールが軌道に戻るまで必要な限り作業を連携、調整を行います。

計画システムを活用 Apriso 保守管理は、保守に関する全体像の追跡、レポートにより、ERP の計画システムのより効果的な活用支援と同時に総合設備率 (OEE: Overall Equipment Effectiveness) および継続的な改善活動をサポートします。保守のバリューストリームを視覚的にモデリングし、標準作業手順を実行する拠点にわたって保守手順および分析のベストプラクティスの共有を可能にすることで、保守オペレーションの向上を支援します。重要業績評価指標 (KPI) をモニタリングすることにより、Apriso 保守管理は、機械、部品、従業員などの保守に関する指示のあらゆる要素に対して詳細に作業を追跡します。