We use cookies to operate this website and to improve its usability. Please note that by using this site you are consenting to the use of cookies. For more information, please read our Privacy Policy / Cookies page.
マシンインテグレーター
 

マシンインテグレーターでビジネス プロセスと機器を直結: リアルタイム・オペレーション、分析データ収集を促進

Apriso マシンインテグレーターは、Apriso アプリケーションを工場内の様々なデバイス・機器と容易に連携し、エンタープライズの製造オペレーションの自動化を促進します。また、機器のメーカーに依存せず、どの工場でも同じ方法で機器を接続できるため、製造オペレーションをグローバルに同期できるというメリットも得られます。

Apriso では、倉庫や工場のデバイスに直接コマンドを送信することができます。対象デバイスは、計測機器、パレタイザー、コンベヤ、円形コンベヤ、クレーン、品質計測機器、マシン、DNC、PLC、SCADA、データヒストリアン、プリンター、バーコード、RFID スキャナーなど、多岐にわたります。また、これらの機器から取得したデータを Apriso に取り込み、オペレーションの監視や、総合設備効率 (OEE : Overall Equipment Effectiveness) の維持、保守計画の立案など、様々な用途に役立てることができます。

Apriso マシンインテグレーターは、製造機器の管理・監視に貢献するのはもちろんのこと、これらの機器管理を組織的に行えるというメリットもあり、製造プロセスの統一を強力に支援します。

マシンインテグレーターの機能は以下のとおりです。

  • データの取得
  • アラーム・通知の管理
  • 自動ログ生成
  • 繰り返しイベントの管理
  • 同時 IE セッション
  • ランタイム構成のリフレッシュ
  • 自動再接続
  • フェールオーバー サーバー
  • イベントの格納・転送と、自動再試行

マシンインテグレーターは、RS232 や OPC などの標準プロトコルをサポートしています。また、サーバー OS (Windows 2000/2003 Server) やデスクトップ OS (Windows 2000 Professional、Windows XP)、携帯機器 (Windows CE 4.1、Pocket PC) など、多種多様なコンピューターにインストール可能です。