We use cookies to operate this website and to improve its usability. Please note that by using this site you are consenting to the use of cookies. For more information, please read our Privacy Policy / Cookies page.
ビジネスインテグレーター
 

製造オペレーションを ERP や PLM と連携して Web サービスと SOA を活用

Apriso には、Apriso に含まれるアプリケーションと他社製のビジネスシステムをシームレスに連携するビジネスインテグレーターを提供し、ビルトインのリンク機能を使って製造オペレーションを同期化することができます。この連携をサポートするのが、Apriso のサービス指向アーキテクチャー (SOA) です。他社製エンタープライズシステムの例としては、SAP 社やオラクル社のエンタープライズ リソース プラニング (ERP) や製品ライフサイクル管理 (PLM)、品質管理システム (QMS) などが挙げられます。これらのビジネスシステムに製造オペレーションの様々なタスク (製造、倉庫、品質、設備保守など) を定義し、それらのタスクを工場で実行することができます。

たとえば、ERP や PLM などのビジネスシステムにマスターデータを保存し、Apriso アプリケーションでこれらのデータを利用することができます。これにより、データの保守作業の重複を防ぐとともに、データの出所を明確にできます。

一般的なプラニングシステムには、以下の情報が含まれます。

  • プロセスの実行予定場所
  • 製品、ロット・シリアル番号
  • 開始予定日時
  • 製造部品表 (BOM)
  • 製品関連図
  • 作業指示書

Apriso は、これらの情報を特定のオペレーターのステップとして展開し、担当者のワークステーションと、関連する部門に配信します (たとえば、部品情報を倉庫に、積載情報を出荷担当部門に配信するなど)。各作業の担当者が、作業が完了した時点でシステムに入力すると、そのデータがプランニングシステムに送信されるといった具合に、データが相互にやりとりされる仕組みになっています。この同期は、必要に応じて、ほぼリアルタイムで、または日ごとのバッチモードで実行できます。

Apriso ビジネスインテグレーターは、エンタープライズシステムと製造システムを密接に連携します。それにより、オペレーションにリアルタイムの情報を反映させるとともに、製品ライフサイクル管理を強化し、製造エクセレンスの維持に貢献します。