We use cookies to operate this website and to improve its usability. Please note that by using this site you are consenting to the use of cookies. For more information, please read our Privacy Policy / Cookies page.
会社情報
 

DELMIA Apriso Issue Managementで継続的改善を強化

新たなApriso 2016のモジュールは、持続的な業務の卓越化によって、品質問題を管理し、改善を推し進めるプロセス・フレームワークを提供

こちらは、2016年2月3日に米国にて発表された原文の抄訳版です。

2016年2月3日 ダッソー・システムズは、DELMIA Apriso 2016 製品スイートの提供開始(GA:General Availability)を発表しました。このリリースの中で、DELMIA Apriso Issue Management(イシュー マネジメント)も新しいアプリケーションとして加わり、オペレーション上の出来事、品質不適合、コンプライアンス、トラブルチケット、CAPA※1記録、失敗に終わったテスト結果、といった様々な問題を特定し解決することができるようになりました。これにより、問題が生じた際、Aprisoユーザーは、直感的なユーザー・インターフェース上で、容易に問題の情報をログに登録し、報告できるようになります。この報告内容には、新しい問題の特定、根本原因特定までの一貫したフロー、解決までの進捗の追跡等のコンテクスト・インテリジェンスも含まれます。

オペレーショナル・エクセレンスの実現と継続を求めている製造企業は、ベスト・プラクティスの認識、標準化、継続的強化を実行する上で、(BPM※2を搭載しているような)オープン・アーキテクチャーと柔軟なワークフロー定義が必要です。DELMIA Apriso アプリケーションとして、Issue Managementは、BPMアーキテクチャーを搭載しているため、ほとんどの問題解決手法(CAPA、8 Disciplines、5 Whys、DMAIC、PDCA、など)を迅速にサポートします。さらに、新たな機能として、クライアントがより最適に21CFR Part 11を含むコンプライアンス要件の管理をできるように、電子署名と電子監査証跡を搭載しています。

DELMIA Apriso MOM※3スイートへ、Apriso Issue Managementを補完することで、エンド・ツー・エンドで製造企業全体を見渡す、より最適な問題管理を実行します。今日のグローバル製造企業は、製造、品質、倉庫、サプライチェーンに関するプロセス上にあるオペレーションに影響を与えかねない混乱や問題に、相当な注意を払う必要があります。Apriso Issue Managementは、品質、コンプライアンス、スループットに影響を与えかねないイベントを即座に無くします。さらに、すべての製造現場の従業員が、タイムリーに解決する上で必要なインテリジェンス情報を自動的に補完するインターフェースがあり、これを通して、品質不適合や問題を即座にレポートできるようになり、問題の拡散防止に貢献します。

作業者のレベルを高めつつ、プロセスや製品を継続的に改善していくツールとして、DELMIA Apriso Issue Managementをバーチャルな提言ボックスとしてご利用いただけます。

DELMIA Aprisoソリューションの一部として、Apriso Issue Managementを利用する3つのアドバンテージを以下に挙げています:

  1. オープン・アーキテクチャーと柔軟なワークフロー定義
    • プロセス改善はMES(製造実行システム)による制約はない
    • 多くの問題解決手法をサポート
    • 新しいテクノロジーの導入により、将来に渡って利用可能なソリューションとして適合
  2. 品質、コンプライアンス、スループットに影響を与えかねないイベントを即座に無くす
    • 複数の製造業務にまたがる問題を扱えるため、解決に至る時間を短縮
    • 容易な操作性のため、これまで無視されてきた小さな課題まで報告、共有が可能
    • より広域な適用を可能にするために、顧客のニーズに応えた容易なユーザー・インターフェースを提供
  3. 製造オペレーション管理にわたり、可用性のスコープを強化
    • ペーパーレス化と電子署名の促進を促す既存のコンプライアンス指標を補完
    • 既存の機能と連携可能なため、複数拠点へ容易に展開
    • サプライヤー、パートナー、ビジネスアライアンスまで、解決スコープを共有

※1 CAPA:是正措置と予防措置、Corrective and Preventive Actionの略
※2 BPM:ビジネス プロセス マネジメント、Business Process Managementの略
※3 MOM:製造オペレーション管理、Manufacturing Operations managementの略。次世代MES(製造実行システム)。

 

<お問い合わせ>
ダッソー・システムズ株式会社 DELMIA 事業部
TEL:03-4321-3913 / E-mail:DELMIA.Apriso.JP.Info@3ds.com

このアナウンスメントのPDF版はこちらから

本発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。 翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせていただきますようお願いいたします。