We use cookies to operate this website and to improve its usability. Please note that by using this site you are consenting to the use of cookies. For more information, please read our Privacy Policy / Cookies page.
会社情報
 

アプリソ社、新ソリューション『グローバル エンタープライズ製造インテリジェンス(EMI)』の登場で 製造業の可視化を高め、ビジネスインテリジェンスを向上!

製造工程の全データを可視化することで、企業としての最適化を図り、迅速な判断をもたらします。

2013年4月22日

こちらは、2013年4月16日にアプリソ米国本社発表の抄訳版です。

アメリカ カリフォルニア州 ロングビーチ(20134月16日) –グローバル製造業の競争力を革新するアプリソ(本社:米国カリフォルニア州ロングビーチ、社長:ジム・ヘンダーソン)は4月16日(米国現地時間)、製造業のビジネスインテリジェンスと可視化を高める新ソリューション『グローバルエンタープライズ製造インテリジェンス(Enterprise Manufacturing Intelligence 、以下EMI)』を発表しました。この新ソリューション『EMI』は、トップクラスのグローバル製造業の中でアプリソが得た豊富な知識と経験を基に、製造拠点や各機能を縦横して完全なる可視化を提供するためにトップダウン設計(※)が施されています。また、『EMI』は、企業の意思決定者がより最適な製造オペレーションを実行できるように、オペレーション分析の可視化と実行における機能を集約しています。アプリソは、優先的に大手メーカーに焦点を当てたKPI分析パッケージや測定機能により、時間短縮という価値を提供します。
※トップダウン設計:最初にシステム全体を定式化し、その後、システムの個々の部分の設計を詳細化していく設計技法

ガートナー社刊行の「The Manufacturing Performance Dilemma, Part 1: Overcoming Visibility Hurdles With Enterprise Manufacturing Intelligence(February 11, 2013. ID:G00214298)」でSimon F. Jacobson 氏およびLeif Erikson 氏は、「資本収益率、運転資本、利益率、金利・税金・償却前利益、支払利息・税金・減価償却・償却控除前利益(EBITDA)など、製造工程のパフォーマンス測定と企業の測定の間にある“ズレ”は、今後も製造業の課題となるでしょう。製造工程では測定に関してひとつのバージョンしかありませんが、ビジネス側は、ビジネスインテリジェンス(BI)やERPアプリケーションなど複数存在する。それはビジネス管理のプロセスと製造管理のプロセスとの間が連携されていないことが原因である」と述べています。

アプリソのグローバル『EMI』ソリューションは、複数のソースからオペレーションデータを収集、即座に一貫した手法にてデータマッピングを実施してデータの標準化までを行い製造拠点全体の製造オペレーションをより完全なる可視化と分析を提供することによって、今まで見えなかった部分の可視化も実現し、製造の”ズレ”をなくします。

グローバル製造業において20年以上の蓄積した豊富な知識と経験を基に、アプリソのソリューションは、製造の現場から役員クラスにいたるまで、それぞれに必要なレポートをビジュアル的にも分かりやすい形式で作成する機能を提供します。一貫した測定とレポーティング機能は、ビジネスパフォーマンスを迅速化し、より時間的価値が高いオペレーション・エクセレンスの達成を実現します。

アプリソ社 プロダクトマネジメント部門 副社長 ジョン・フィッシェル
ビジネスのスピードが加速化された際には、製造オペレーションの可視化はさらに重要なポイントとなりますが、迅速に直接情報を入手し、情報に基づいたより正確な意思決定を行うことは依然として企業の課題です。可視化は単にひとつの事柄に過ぎず、膨大な下流にある詳細データを有益で実現可能であるインテリジェンスな情報へ変換する行為とは別の話です。情報とは、情報に基づいた意思決定を支援できるような信頼性があり要約され適切なものでなくてはなりません。

アプリソのグローバル『EMI』ソリューションは、必要最小限のIT環境と展開コストであらゆる製造拠点のオペレーションから価値あるビジネスインテリジェンスな情報への迅速なアクセスを提供します。このグローバル『EMI』ソリューションは、既存の製造現場で利用しているソリューションと企業のビジネスインテリジェンス戦略を直接結びつけ、同時に他のサードパーティのビジネスインテリジェンス(BI)・アプリケーションもご利用いただけます。この新しいソリューションには以下の機能・特徴があります:

  • 製造現場の新旧のオペレーションの可視化と統合
  • 400種類以上のすぐに使用が可能なKPI (重要業績評価指数)を組み込んだ拡張分析機能
  • 設備稼働追跡、製造パフォーマンス、オーダー遵守、従業員管理、設備機器保守、品質管理と実行、社内外双方のロジスティクスにおける管理に必要な機能搭載

グローバルエンタープライズに製造オペレーション管理ソリューションを提供する業界リーダーとして、アプリソは20年以上の多岐にわたる製造業種への豊富な導入経験を有しています。この豊富な実績とユニークな製造アプリケーションは、製造業のお客様へ独創的なビジネス価値をお届けします。

【アプリソについて】

アプリソは、お客様のグローバルな製造オペレーション転換を強力に支援するソフトウェア企業です。製造メーカーに対し、市場の変化 や予測し得ないイベントの発生にも迅速かつ容易に適合するソリューションを提供します。アプリソの FlexNetは、製造メーカーの実行管理を実現する BPMプラットフォームベースのソフトウェアソリューションです。製造工程と製品サプライネットワークを可視化、制御化、同期化して、グローバルレベルで の改善の継続を支援します。アプリソは、南北アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど世界 40カ国以上の 200社以上の企業にソリューションを提供しています。ゼネラルモーターズ、ボルボ CE、ハネウェル、ロレアル、トリクセル、ロッキード・マーティン、ボンバルディア、テキストロンシステムズ、MBDA、サンゴバン、エシロールなどの企 業に採用されています。詳細については、アプリソのサイトをご参照ください。

AprisoおよびFlexNetはApriso Corporationの登録商標です。その他、記載された商標または登録商標は、それぞれ所有する各社に帰属します。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。 翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせていただきますようお願いいたしま す。

【報道関係お問い合わせ先】

アプリソ ジャパン株式会社 マーケティング担当 石井
TEL:03-5456-5502

広報代理 ヒル アンド ノウルトン株式会社 担当 渡辺・相浦
TEL:03-4520-5840

E-mail:aprisopr@hkstrategies.com